ホーエンローエ家(読み)ホーエンローエけ(英語表記)Hohenlohe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーエンローエ家
ホーエンローエけ
Hohenlohe

フランケンのホーエンローエ地方に源を発するドイツの君侯家。 12世紀に初めて出現し,フランケン地方に勢力を拡大した。その後,ホーエンローエ家とホーエンローエ=ブラウネク家とに分れ,前者はさらに分裂したが,後者は 14世紀末に絶えた。分家の一つホーエンローエ=ワイケルスハイム家から創設されたホーエンローエ=ノイエンシュタイン (新教) とホーエンローエ=ワルデンブルク (旧教) の2家が有力となった。ノイエンシュタイン家は 18世紀に帝国諸侯に列せられたが,ワルデンブルク家はこれに 20年先んじて 1744年帝国諸侯の地位を得ている。 19世紀末のドイツ帝国宰相ホーエンローエ=シリングスフュルストはこの家系の出身である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android