コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーエンローエ家 ホーエンローエけHohenlohe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーエンローエ家
ホーエンローエけ
Hohenlohe

フランケンのホーエンローエ地方に源を発するドイツの君侯家。 12世紀に初めて出現し,フランケン地方に勢力を拡大した。その後,ホーエンローエ家とホーエンローエ=ブラウネク家とに分れ,前者はさらに分裂したが,後者は 14世紀末に絶えた。分家の一つホーエンローエ=ワイケルスハイム家から創設されたホーエンローエ=ノイエンシュタイン (新教) とホーエンローエ=ワルデンブルク (旧教) の2家が有力となった。ノイエンシュタイン家は 18世紀に帝国諸侯に列せられたが,ワルデンブルク家はこれに 20年先んじて 1744年帝国諸侯の地位を得ている。 19世紀末のドイツ帝国宰相ホーエンローエ=シリングスフュルストはこの家系の出身である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホーエンローエ家の関連キーワードホーエンローエ=シリングスフュルストワイカースハイム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android