コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーエンローエ家 ホーエンローエけHohenlohe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーエンローエ家
ホーエンローエけ
Hohenlohe

フランケンのホーエンローエ地方に源を発するドイツの君侯家。 12世紀に初めて出現し,フランケン地方に勢力を拡大した。その後,ホーエンローエ家とホーエンローエ=ブラウネク家とに分れ,前者はさらに分裂したが,後者は 14世紀末に絶えた。分家の一つホーエンローエ=ワイケルスハイム家から創設されたホーエンローエ=ノイエンシュタイン (新教) とホーエンローエ=ワルデンブルク (旧教) の2家が有力となった。ノイエンシュタイン家は 18世紀に帝国諸侯に列せられたが,ワルデンブルク家はこれに 20年先んじて 1744年帝国諸侯の地位を得ている。 19世紀末のドイツ帝国宰相ホーエンローエ=シリングスフュルストはこの家系の出身である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホーエンローエ家の関連キーワードホーエンローエ=シリングスフュルストワイカースハイム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android