コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーカンド・ハーン国 ホーカンドハーンこく

世界大百科事典 第2版の解説

ホーカンドハーンこく【ホーカンド・ハーン国】

中央アジアのホーカンドKhoqandを中心としたウズベク族の国家。1710ころ‐1876年。18世紀初頭に,ウズベク族のミン族出身のシャー・ルフが,当時ブハラ・ハーン国領であったホーカンドを首都として独立政権をたてたのが始まりで,18世紀後半には,フェルガナ盆地の全域を支配下におさめ,清朝の名目的な朝貢国となった。19世紀前半に,北はタシケントからシル・ダリヤ下流域,南はアム・ダリヤ上流域を領土に加え,新疆と盛んに通商して全盛期を迎えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ホーカンド・ハーン国の関連キーワードヤークーブ・ベクヤークーブ・ベクチャガタイ語ビシュケクコーカンド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android