コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーカンド・ハーン国 ホーカンドハーンこく

1件 の用語解説(ホーカンド・ハーン国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホーカンドハーンこく【ホーカンド・ハーン国】

中央アジアのホーカンドKhoqandを中心としたウズベク族の国家。1710ころ‐1876年。18世紀初頭に,ウズベク族のミン族出身のシャー・ルフが,当時ブハラ・ハーン国領であったホーカンドを首都として独立政権をたてたのが始まりで,18世紀後半には,フェルガナ盆地の全域を支配下におさめ,清朝の名目的な朝貢国となった。19世紀前半に,北はタシケントからシル・ダリヤ下流域,南はアム・ダリヤ上流域を領土に加え,新疆と盛んに通商して全盛期を迎えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホーカンド・ハーン国の関連キーワード中央アジア東アジアコーカンド東洋音楽アジアンポップスコーカンドハン国花剌子模中央アジアの草原にてセントラル・エイジアン・シープドッグアーカル・テッケ種 (Akhal-Teke)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone