コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーランシャン(賀蘭山)山脈 ホーランシャンさんみゃくHelan shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーランシャン(賀蘭山)山脈
ホーランシャンさんみゃく
Helan shan

中国北部,内モンゴル (蒙古) 高原の南西部にある南北方向の山脈。ニンシヤ (寧夏) ホイ (回) 族自治区と内モンゴル自治区の境界にある。長さ約 200km。幅 15~50km。標高 2000m以上で,最高峰のホーラン (賀蘭) 山は 3556m。内陸流域とホワン (黄) 河流域との分水界にあたり,西はゆるやかにアルシャ (阿拉善) 高原に接し,東は断層崖で,ニンシヤ平原に寒波やテンゲル (騰格里) 砂漠の飛砂が侵入するのを防いでいる。北部には石炭が豊富に埋蔵され,シーツォイシャン (石嘴山) 市などで採掘されている。トウコワン (頭関) ,ターウーコウ (大武口) などの峠道が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホーランシャン(賀蘭山)山脈の関連キーワードテンゲル(騰格里)砂漠アルシャ(阿拉善)高原ニンシヤ(寧夏)平原モンゴル高原

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android