コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホール起電力 ホールきでんりょくHall electromotive force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホール起電力
ホールきでんりょく
Hall electromotive force

半導体に電界とこれに垂直な磁界を同時に印加するとき,両者に直角の方向に電圧が発生する (ホール効果という) ,その起電力をいう。ホール起電力は,試料電流,磁束密度に比例し,試料の厚さに反比例する。比例係数をホール係数と呼ぶ。ホール係数の大きさはキャリア密度に反比例するので,未知のキャリア密度が測定できる。また,起電力の向きにより,電流を運ぶキャリアが電子か正孔かの判別ができ,未知の伝導型 (n型かまたはp型) が判別できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホール起電力の関連キーワードホール素子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android