ホール起電力(読み)ホールきでんりょく(英語表記)Hall electromotive force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホール起電力
ホールきでんりょく
Hall electromotive force

半導体に電界とこれに垂直な磁界を同時に印加するとき,両者に直角の方向に電圧が発生する (ホール効果という) ,その起電力をいう。ホール起電力は,試料電流,磁束密度に比例し,試料の厚さに反比例する。比例係数をホール係数と呼ぶ。ホール係数の大きさはキャリア密度に反比例するので,未知のキャリア密度が測定できる。また,起電力の向きにより,電流を運ぶキャリアが電子か正孔かの判別ができ,未知の伝導型 (n型かまたはp型) が判別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android