コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイオチア ボイオチア Boiōtia; Boeotia

2件 の用語解説(ボイオチアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイオチア
ボイオチア
Boiōtia; Boeotia

古代ギリシア中央部の地方。南にコリント湾,北東にエウボイア湾を控え,南東はアッチカと接し,オルコメノステーベ周辺の平野が中心。豊かな「牧草地」が地名の由来。特に名馬の産地として名高かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ボイオチア【Boiōtia】

ギリシャの中部地方。紀元前447年、テーベを中心にボイオチア同盟を結成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイオチアの関連キーワードイオニアギリシャ文字コリント式Κόρινθοςコリント地峡コリンシャンギリシア喜劇ギリシア科学《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone