コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイオチア Boiōtia; Boeotia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイオチア
Boiōtia; Boeotia

古代ギリシア中央部の地方。南にコリント湾,北東にエウボイア湾を控え,南東はアッチカと接し,オルコメノステーベ周辺の平野が中心。豊かな「牧草地」が地名の由来。特に名馬の産地として名高かった。上記のほかにテスピアイ,プラタイアイなどが主要都市。ミケーネ文化の一中心地であったが,テッサリアから移住した住民がボイオチアを形成し,言語的には北東 (アイオリス) 系方言で,のちにドーリス系要素が混入した。前4世紀テーベを中心に繁栄を誇ったが,その後は自給自足の農耕牧畜を主に,進出政策はとらず,ギリシアのなかでは後進地方とみなされた。ヘシオドス,ピンダロス両大詩人を生んだ土地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ボイオチア【Boiōtia】

ギリシャの中部地方。紀元前447年、テーベを中心にボイオチア同盟を結成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ボイオチアの関連キーワードヘラクレイア・ポンチカカイロネイアの戦いプラタイアイの戦いコロネイアの戦いレウクトラの戦いテッサリア方言ボイオチア同盟トロフォニオスアイオリス方言テルパンドロスボイオチア方言リュサンドロスデリオンの戦いハスドルバルデモステネスフォイニクスヘラクレイアタナグラ人形レスボス方言カイロネイア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android