コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボグル語 ボグルごVogul

世界大百科事典 第2版の解説

ボグルご【ボグル語 Vogul】

ウラル語族フィン・ウゴル語派中のウゴル諸語に属する言語で,オスチャーク語(ハンティ語)とともにオビ・ウゴル語を形成する。自称に基づきマンシ語Mansiともよばれる(マンシ族)。オビ川中流の西側およびソスワ,ロズバ,コンダなどの支流域にわたり話され,言語人口は7600(1979),このうち48.5%が母語としている。東,西,南,北の4方言に分かれているが,北方言が話者も多く標準文語の基礎となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボグル語
ぼぐるご
Vogul

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボグル語の関連キーワードフィン・ウゴル語派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android