コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボゴール目標 ボゴールモクヒョウ

デジタル大辞泉の解説

ボゴール‐もくひょう〔‐モクヘウ〕【ボゴール目標】

ボゴール宣言に盛り込まれた、APECアジア太平洋経済協力地域貿易・投資自由化に関する目標。同地域内の先進経済圏は2010年までに、新興経済圏は2020年までに、域内における貿易と投資の自由化を達成することを宣言した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボゴール目標

APECは1994年、インドネシアボゴールで開かれた首脳会議で「先進国・地域は2010年までに、途上国・地域は2020年までに、貿易・投資を自由化する」との宣言を採択。翌年の大阪では、目標達成への道筋を示した「大阪行動指針」に合意した。89年に日本、米国、韓国、豪州など12カ国で発足したAPECは順次メンバーを拡大し、98年からは現在と同じ21カ国・地域に拡大している。

(2010-02-20 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ボゴール目標の関連キーワードアジア太平洋経済協力会議

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android