コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボゴール目標(読み)ボゴールモクヒョウ

デジタル大辞泉の解説

ボゴール‐もくひょう〔‐モクヘウ〕【ボゴール目標】

ボゴール宣言に盛り込まれた、APEC(アジア太平洋経済協力)地域の貿易・投資自由化に関する目標。同地域内の先進経済圏は2010年までに、新興経済圏は2020年までに、域内における貿易と投資の自由化を達成することを宣言した。
[補説]2010年に行われたAPEC首脳会議では、13の国・地域がボゴール目標の達成に向けて顕著な進展を遂げたと報告された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボゴール目標

APECは1994年、インドネシアのボゴールで開かれた首脳会議で「先進国・地域は2010年までに、途上国・地域は2020年までに、貿易・投資を自由化する」との宣言を採択。翌年の大阪では、目標達成への道筋を示した「大阪行動指針」に合意した。89年に日本、米国、韓国、豪州など12カ国で発足したAPECは順次メンバーを拡大し、98年からは現在と同じ21カ国・地域に拡大している。

(2010-02-20 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android