コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボゴール目標 ボゴールモクヒョウ

デジタル大辞泉の解説

ボゴール‐もくひょう〔‐モクヘウ〕【ボゴール目標】

ボゴール宣言に盛り込まれた、APECアジア太平洋経済協力地域貿易・投資自由化に関する目標。同地域内の先進経済圏は2010年までに、新興経済圏は2020年までに、域内における貿易と投資の自由化を達成することを宣言した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボゴール目標

APECは1994年、インドネシアボゴールで開かれた首脳会議で「先進国・地域は2010年までに、途上国・地域は2020年までに、貿易・投資を自由化する」との宣言を採択。翌年の大阪では、目標達成への道筋を示した「大阪行動指針」に合意した。89年に日本、米国、韓国、豪州など12カ国で発足したAPECは順次メンバーを拡大し、98年からは現在と同じ21カ国・地域に拡大している。

(2010-02-20 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ボゴール目標の関連キーワードアジア太平洋経済協力会議

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android