コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボタンヅル(牡丹蔓) ボタンヅルClematis apiifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボタンヅル(牡丹蔓)
ボタンヅル
Clematis apiifolia

キンポウゲ科の落葉性つる植物。日当りのよい山野に普通にみられる。茎は他物にもたれかかり,稜があり淡褐色で皮がむけやすい。葉は3出複葉で小葉は広卵形,縁にあらい鋸歯がある。夏に,花穂を出し径1~2cmの4弁の白花を多数円錐状につける。4枚の萼片は白い長楕円形で花弁状をなし,本来の花弁はない。白い葯 (やく) をもったおしべが多数あり,中央に羽状の花柱のあるめしべが集る。果実にはこの花柱が羽毛状に残り,風で運ばれる。西日本には本種に似て小型で茎も細いコバノボタンヅル C. pierotiiがあり,花は葉腋に1~2個だけつく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボタンヅル(牡丹蔓)の関連キーワードセンニンソウ(仙人草)キンポウゲ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android