コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヒュスレン Bohuslän

世界大百科事典 第2版の解説

ボヒュスレン【Bohuslän】

スウェーデン南西部,カテガット海峡に臨むイェーテボリに隣接した海岸部の県。面積4447km2,人口19万8404(1970)。1658年のデンマーク・ノルウェー連合王国のスウェーデンに対する敗北で結ばれたロスキレの和約により,ノルウェーからスウェーデンに譲渡された地域で,その地は行政的にイェーテボリとボヒュスレンに分けられた。切り立った岩石海岸を呈し,農耕地はわずかで,工業もあまり発達していないが,地形から漁港に恵まれ,漁業が主産業となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボヒュスレンの関連キーワードカルル10世

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android