コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヒュスレン Bohuslän

1件 の用語解説(ボヒュスレンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボヒュスレン【Bohuslän】

スウェーデン南西部,カテガット海峡に臨むイェーテボリに隣接した海岸部の県。面積4447km2,人口19万8404(1970)。1658年のデンマークノルウェー連合王国のスウェーデンに対する敗北で結ばれたロスキレの和約により,ノルウェーからスウェーデンに譲渡された地域で,その地は行政的にイェーテボリとボヒュスレンに分けられた。切り立った岩石海岸を呈し,農耕地はわずかで,工業もあまり発達していないが,地形から漁港に恵まれ,漁業が主産業となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボヒュスレンの関連キーワードイェーテボリスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレースウェーデン刺繍スウェーデン門スウォンジースウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone