コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヤヌス器 ボヤヌスき

百科事典マイペディアの解説

ボヤヌス器【ボヤヌスき】

軟体動物二枚貝類の排出器官。囲心腔と後閉殻筋との間の背面正中線上に1対ある。囲心腔内に腎口があり,腺状部,管状部を経て外套(がいとう)腔に開口する。体液浸透調節がおもな機能。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のボヤヌス器の言及

【排出】より

…広い塩分濃度に適応できるゴカイ(多毛類)では複雑に曲がった長い腎管が発達しているほか,多くの種では腎管の先端は閉じ,原腎管の炎細胞に似た有管細胞をもつものが多い。 軟体動物のうち,二枚貝や巻貝では,ボヤヌス器Bojanus’ organと呼ばれているのが腎管で,囲心腔に漏斗で開口し外部へは外套(がいとう)腔に開口する。イカ,タコの類では1~2対の腎囊をもち,やはり囲心腔と連絡している。…

※「ボヤヌス器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボヤヌス器の関連キーワード排出

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android