囲心腔(読み)いしんこう(英語表記)pericardial cavity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「囲心腔」の解説

囲心腔
いしんこう
pericardial cavity

心臓心外膜と囲心嚢との間の空所。体腔の一部で,体液を満たす。開放血管系節足動物では,呼吸器官からきた血液はこの囲心腔に入り,翼状筋の収縮により心門から心臓に送られる。軟体動物腎管は囲心腔に腎口を開き,排出物を外套腔に出す。昆虫では囲心腔を特に背腔と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「囲心腔」の解説

いしん‐こう ヰシン‥【囲心腔】

〘名〙 心臓をとり囲む体腔。心外膜と囲心嚢(のう)の間の部分で体液に満ちる。節足動物は血液循環の働き、軟体動物では排出の働きをするので、他の高等動物とは構造を異にする。心嚢腔。囲心洞。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の囲心腔の言及

【横隔膜】より

…原始的な魚類を除く脊椎動物では,体腔の前部に位置する心臓はその後ろに生じた隔壁によって体腔の主部から隔離されている。この隔壁を一般に横中隔といい,これによって隔てられた,心臓をいれた空間を囲心腔という。両生類・爬虫類では肺の発達と関連して,胸囲心膜とよばれる新しい隔壁が横中隔の一部から発達し,囲心腔と腹腔とを境するようになる。…

【静脈】より

…多くの無脊椎動物では,脊椎動物の静脈に相当する構造のものはない。心臓の発達する多くの軟体動物や甲殻類では,体組織からの血液は,心臓周囲に広がる大きな組織間隙(かんげき)(囲心腔)に集められ直接心臓に入る。環形動物,節足動物,尾索類の血行路の一部は,その筋層の収縮による蠕動(ぜんどう)運動によって血液循環の動力源(心臓)となっているが,これも組織間隙から直接血液を集めている。…

※「囲心腔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android