コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排出器官 ハイシュツキカン

2件 の用語解説(排出器官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はいしゅつ‐きかん〔‐キクワン〕【排出器官】

体内の老廃物を排出するとともに、体液の浸透圧を一定に保つ役割をする器官。脊椎動物腎臓、昆虫のマルピーギ管扁形動物の原腎管など。人間では泌尿(ひにょう)器ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

排出器官【はいしゅつきかん】

排出に働く器官。収縮胞(淡水産原生動物),原腎管(扁形動物),腎管環形動物),マルピーギ管節足動物),腎臓(脊椎動物)などが代表的なものとしてあげられる。排出器は水分調節,浸透調節の機能を兼ね,特にこれは水生動物にとって重要である。
→関連項目尿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

排出器官の関連キーワード後生動物収縮胞水生動物繊毛側生動物陸生動物原虫胎生動物繊毛虫水産動物

排出器官の関連情報