コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排出器官 ハイシュツキカン

百科事典マイペディアの解説

排出器官【はいしゅつきかん】

排出に働く器官。収縮胞(淡水産原生動物),原腎管(扁形動物),腎管(環形動物),マルピーギ管(節足動物),腎臓(脊椎動物)などが代表的なものとしてあげられる。排出器は水分調節,浸透調節の機能を兼ね,特にこれは水生動物にとって重要である。
→関連項目尿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

排出器官の関連キーワード抗利尿ホルモン門(生物分類)ボヤヌス器官尿嚢・尿囊ボヤヌス器ロゼット線形虫類有爪動物排泄器官炎細胞排泄器中胚葉水管系触角腺小顎腺粘膜胚葉中腎後腎前腎

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

排出器官の関連情報