コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルゲーゼ家 ボルゲーゼけBorghese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルゲーゼ家
ボルゲーゼけ
Borghese

イタリア,シエナ出身のローマ貴族の家系。 13世紀以来外交官,法学者を輩出してシエナで著名となり,16世紀のマルカントニオ (1504~74) の代にローマに移住。その子カミッロ (52~1621) が教皇 (パウルス5世〈在位 05~21〉) に選ばれてから急速に家系の隆盛をみ,甥スキピオーネ (1576~1633) を枢機卿に任命。彼は教皇庁の要職を占めるかたわら,芸術家を保護し,また絵画,彫刻のコレクションに努めた。カミッロのもう1人の甥マルカントニオ2世 (1598~1658) はスペイン王フェリペ3世からスルモナ侯の称号を与えられ,またローマの名門貴族オルシニ家の娘と結婚して広大な領地を得た。マルカントニオ3世 (60~1729) はナポリ副王の地位を得,マルカントニオ4世 (30~1809) は美術愛好者として知られ,その子カミッロ (1775~1832) はナポレオン1世の妹ポーリーヌと結婚してナポレオン体制下でピエモンテ総督となった。なおボルゲーゼ家の美術品コレクションは現在ローマのボルゲーゼ美術館で公開されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のボルゲーゼ家の言及

【ボルゲーゼ美術館】より

…ローマにある美術館。名門ボルゲーゼ家の収集に由来するルネサンスとバロックの作品を中心に収蔵する。同家出身の教皇パウルス5世(在位1605‐21)と甥のシピオーネScipione枢機卿はともに熱心な美術愛好家で,1613年ローマ市の北のはずれにあるビラ・ボルゲーゼの広大な庭園中に小邸館を建て,一門の収集をここにまとめた。…

※「ボルゲーゼ家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボルゲーゼ家の関連キーワードボルゲーゼ公園ローマ(市)