コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枢機卿 スウキキョウ

7件 の用語解説(枢機卿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すうき‐きょう〔‐キヤウ〕【枢機×卿】

カトリック教会で、ローマ教皇に次ぐ高位聖職者。定員70名で枢機卿会議を構成し、教皇顧問としてその補佐に当たり、教皇選挙権をもつ。カーディナル。すうきけい。

すうき‐けい【枢機×卿】

すうききょう(枢機卿)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

枢機卿【すうききょう】

Cardinalisの訳語。〈すうきけい〉とも。カトリック教会教皇に次ぐ行政職。1586年以来,長く定員70名であったが,近年増員され2013年現在207名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すうききょう【枢機卿 cardinalis[ラテン]】

カーディナル。カトリック教会で教皇につぐ最高の行政職。〈すうきけい〉ともいい,教皇の選挙人。ラテン語の〈かなめcardo〉に由来し,ローマの主要教会の聖職者代表を意味した。教皇選挙への俗人の介入を防ぐために11世紀に枢機卿団のみが教皇選挙有権者と定められた。その定員は1568年に司教,司祭,助祭の計70名とされたが,400年後教皇ヨハネス23世は,教会の世界化,非ヨーロッパ化を推進する意味で定員を83名に増やした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すうききょう【枢機卿】

ローマ-カトリック教会の教皇に次ぐ聖職位。教皇の最高顧問。教会行政や教皇選出などに携わる。カーディナル。枢機官。すうきけい。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枢機卿
すうきけい

カーディナル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枢機卿
すうききょう

カーディナルCardinalの訳語。「すうきけい」ともいう。カトリック教会でローマ教皇に次ぐ高位の聖職者。全世界の司教のなかから選ばれ教皇によって任命され、教皇の最高顧問として教皇を補佐する。教皇の帽子と法衣は白、司教は赤であるが、枢機卿は深紅色の帽子と法衣をつける。バチカン聖庁の各省の長官には枢機卿が任命されてバチカンに定住するが、多くは各国の所属教区にとどまり、枢機卿会議のおりにローマに参集する。教皇位は終身であるが、教皇逝去後の新教皇選挙にあたるのは枢機卿であり、新教皇は枢機卿の互選によって選ばれる。
 2005年10月現在、バチカンの枢機卿の総数は66か国180名。そのうち、新教皇選出を行うコンクラーベconclaveに参加する枢機卿選挙会員は80歳未満とされ、51か国111名で構成される。日本の教会はバチカンから重視され、土井辰雄東京大司教を初代として、田口芳五郎大阪大司教、ついで里脇(さとわき)浅次郎長崎大司教が枢機卿に任命されている。[安齋 伸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

枢機卿の関連情報