コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルサ宮 ボルサきゅう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボルサきゅう【ボルサ宮】

ポルトガル北西部の同国第2の都市で、港湾都市ポルトのドロウ川北岸にある建物。鉄道のサンベント駅(Estação de São Bento)から徒歩10分の場所にある。◇宮殿(Palácio)という名前を冠しているが、宮殿ではなく、最近まで証券取引所として使われていた建物である。現在はポルトの商工会議所が使用しているが、館内を見学できる。「ボルサ」(Bolsa)は「株(券)」という意味のポルトガル語である。1834年に、火災で焼失したサンフランシスコ教会に付属した修道院の跡地に、ポルトガル初の大規模鉄筋建造物として建てられた。商業組合や裁判所の建物として使われていたこともある。建物内部には、彫刻で飾られた大理石の階段や、スペインのグラナダアルハンブラ宮殿を模した「アラブの間」、法廷として使われていた「法廷の間」、現在でもレセプションなどに使用されている「黄金の間」などがある。ボルサ宮の正面には、ポルトガルを大航海時代へ導いたエンリケ航海王子(1394~1460年)のモニュメントがある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ボルサ宮の関連キーワードポルトのサンフランシスコ教会ポルトの大寺院クレリゴス教会ポルト大聖堂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android