コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルサ宮 ボルサきゅう

1件 の用語解説(ボルサ宮の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボルサきゅう【ボルサ宮】

ポルトガル北西部の同国第2の都市で、港湾都市ポルトのドロウ川北岸にある建物。鉄道のサンベント駅(Estação de São Bento)から徒歩10分の場所にある。◇宮殿(Palácio)という名前を冠しているが、宮殿ではなく、最近まで証券取引所として使われていた建物である。現在はポルト商工会議所が使用しているが、館内を見学できる。「ボルサ」(Bolsa)は「株(券)」という意味のポルトガル語である。1834年に、火災で焼失したサンフランシスコ教会に付属した修道院の跡地に、ポルトガル初の大規模鉄筋建造物として建てられた。商業組合や裁判所の建物として使われていたこともある。建物内部には、彫刻で飾られた大理石の階段や、スペイングラナダアルハンブラ宮殿を模した「アラブの間」、法廷として使われていた「法廷の間」、現在でもレセプションなどに使用されている「黄金の間」などがある。ボルサ宮の正面には、ポルトガルを大航海時代へ導いたエンリケ航海王子(1394~1460年)のモニュメントがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルサ宮の関連キーワードポルトマフラレイリアクレリゴス教会サンフィリペ城ボルサ宮殿ポルトセグーロポルト大聖堂Ошポルト歴史地区

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone