コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルン‐ハーバーサイクル Born-Haber cycle

1件 の用語解説(ボルン‐ハーバーサイクルの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ボルン‐ハーバーサイクル【Born-Haber cycle】

イオン性結晶の格子エネルギーを求めるために,ボルン(M. Born)とハーバー(F. Haber)とが互いに独立に提示したサイクル過程.塩化ナトリウムを例にとると,単体から出発して,原子化,イオン化それぞれ経由して結晶のNaClをつくる場合と,直接反応でつくる場合の反応エネルギーヘスの法則*通り等しいから,格子エネルギーを差として求めることが可能となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルン‐ハーバーサイクルの関連キーワードイオン化エネルギーエネルギー準位エネルギー代謝核エネルギー原子エネルギー熱エネルギーエネルギー代謝率二次エネルギーバイオマスエネルギー省エネルギー法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone