コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーイングB-52 ボーイングビーごじゅうにBoeing B-52 Stratofortress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーイングB-52
ボーイングビーごじゅうに
Boeing B-52 Stratofortress

エンジン8基を備えるアメリカ合衆国の大型戦略爆撃機。開発は第2次世界大戦直後の 1945年に空軍の要求で始まり,複数のメーカーがターボプロップを含むさまざまな構想を提案した結果,ボーイングの案が採用され,1951年 13機の発注となった。 1954年8月B-52Aとして初飛行,1955年配備につく。以来B-52BからB-52Hまで改良と発展が続き,1970年代以降のアメリカ戦略空軍の主力長距離爆撃機として常に水素爆弾4基を搭載,数機が空中待機をしつつアメリカの外交を支えた。B-52Hは,エンジンがP&W TF33-P-3ターボファン (推力 7.7t) 8,乗員6,全長 48m,全幅 56.4m,総重量 221t,最大速度マッハ 0.95,航続距離2万 km。武装は 20mmバルカン砲1のほか,短距離攻撃ミサイルや核爆弾を搭載する。 1980年代にはECM (電子対抗) 装置やミサイル装備を強化し,湾岸戦争ではイラク軍陣地に大量の通常爆弾を投下した。アメリカ空軍は今後なお 2030年代までB-52Hの運用を続ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボーイングB-52の関連キーワードノースロップ・グラマンBロックウェルB

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android