コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボージュ県 ボージュVosges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボージュ〔県〕
ボージュ
Vosges

フランス東部,ロレーヌ地域 (レジオン) の県。県都エピナル。おもに旧ロレーヌ州南部から成るが,県西部の一部は旧シャンパーニュ州,南部の一部は旧フランシュコンテ州であった。ボージュ山地の西方に広がり,モーゼル川ムーズ川およびその支流の流域を占め,中部はロレーヌ台地。地味は肥沃で,穀物,牧草,ジャガイモブドウが栽培される。東部の高地では肉牛が育てられ,酪農も盛ん。豊富な木材を利用して,紙,家具などが製造されるが,最も重要な産業は繊維,特に綿工業で,エピナルとサンディエがその中心。ビッテル,コントレクセビル,プロンビエールなどの温泉・観光・保養地がある。面積 5874km2。人口 38万 6258 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone