コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボージュ山地 ボージュさんち Vosges

2件 の用語解説(ボージュ山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボージュ山地
ボージュさんち
Vosges

フランス東部,アルザス平原とロレーヌ台地の間を 120kmにわたり北北東から南南西に連なる地塁山地最高峰バロンドゲブビレル (グランバロン。 1424m) 。氷河の浸食を受けて谷は深く,峠は高いため交通は困離であるが,鉄道と自動車道路が北の標高約 400mのサベルヌ峠をロレーヌからストラスブールへ,さらに南の「ベルフォールの門」を通ってソーヌの平原からバーゼルへと通じている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボージュさんち【ボージュ山地 Vosges】

フランス北東部の山地。ライン川沿いのアルザス低地をはさんで,ドイツ領のシュワルツワルト山地と対をなす。ほぼライン川に平行して南北に約120kmの長さでつづき,北はサベルヌ低地帯に面し,南はベルフォール山峡をへだててジュラ山脈に対する。第三紀中頃のライン地溝帯を形成する断層運動に関与して形成された山地で,東側斜面が急傾斜,西側斜面が緩傾斜の非対称の山形を示す。結晶質岩石からなる南部は高ボージュとよばれ,山頂高度が高く1000mを超え,バロン・ド・ゲブビレル(標高1424m)が最高峰である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボージュ山地の関連キーワードアルザスシギリセダンドンレミラピュセルフランクフルト西部戦線マース川ゲブルツトラミネールピノノワールマース[川]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone