ボージュ山地(読み)ボージュさんち(英語表記)Vosges

  • ボージュ山地 Vosges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス東部,アルザス平原とロレーヌ台地の間を 120kmにわたり北北東から南南西に連なる地塁山地。最高峰はバロンドゲブビレル (グランバロン。 1424m) 。氷河浸食を受けて谷は深く,峠は高いため交通は困離であるが,鉄道と自動車道路が北の標高約 400mのサベルヌ峠をロレーヌからストラスブールへ,さらに南の「ベルフォールの門」を通ってソーヌの平原からバーゼルへと通じている。西斜面は湿潤で森林におおわれ,東斜面は乾燥している。山頂は夏の放牧に利用され,中腹では有名なチーズを産する酪農が行われ,丘陵地ではブドウ栽培とアルザス・ワイン製造を行う。山地周辺では綿織物を主とする繊維工業が盛んで,エピナル,サンディエなどの町がその中心。家具製造も重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランス北東部の山地。ライン川沿いのアルザス低地をはさんで,ドイツ領のシュワルツワルト山地と対をなす。ほぼライン川に平行して南北に約120kmの長さでつづき,北はサベルヌ低地帯に面し,南はベルフォール山峡をへだててジュラ山脈に対する。第三紀中頃のライン地溝帯を形成する断層運動に関与して形成された山地で,東側斜面が急傾斜,西側斜面が緩傾斜の非対称の山形を示す。結晶質岩石からなる南部は高ボージュとよばれ,山頂高度が高く1000mを超え,バロン・ド・ゲブビレル(標高1424m)が最高峰である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android