ボール紙(読み)ボールがみ

精選版 日本国語大辞典「ボール紙」の解説

ボール‐がみ【ボール紙】

〘名〙 (わら)原料とした厚い紙。厚紙板紙馬糞(ばふん)紙。ボール
東京日日新聞‐明治二六年(1893)九月一五日「加之過般来支那にもボール紙を弗々輸出し」
[補注]「ボール」は英語 board の尾音が脱落したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のボール紙の言及

【板紙】より

…主として紙器や包装に使用される厚手の紙の総称。俗にボール紙ともいわれ,表のように分類される。 通常120~130g/m2以上で,厚いものでは600g/m2に達するものもある。…

※「ボール紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android