コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアント 〈フランス〉pointes

デジタル大辞泉の解説

ポアント(〈フランス〉pointes)

バレエで、つま先立ちの姿勢。ポワント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポアント

バレエ用語。シュール・ラ・ポアントsur la pointeの略で,爪先で立つこと。1820年代に始まったと推定され,ロマンティック・バレエの時代から女性ダンサーの踊りに欠かせない技術として一般化した。
→関連項目フォーキン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のポアントの言及

【バレエ】より

…それは純白のオーガンディーとチュールを幾枚も重ねた,釣鐘形のふわふわした軽い霞のようなスカートである。それからもう一つ重要なことは,このバレエ以降舞姫の,ポアントで立つ踊りが顕著になったことである。ポアントは足指の先端のことであるが,これで立つためには特殊な靴がなければならない。…

【ロマンティック・バレエ】より

…作品の特徴は幻想の世界を描いたものと,異国情緒を強調したものの2種がある。その表現には1820年代に始まったと推定されるポアント(つま先で立つこと)の技法が多く採り入れられた。ポアントの技法は幻想の世界を表現することに最適であり,この時期に技術的にも大きな発展をとげた。…

※「ポアント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ポアントの関連キーワードフランス領赤道アフリカエギーユデュミディ中央アフリカ共和国トウ・シューズQT延長症候群コンゴ共和国トウ・ダンス致死性不整脈クイルー州ブラザビルクイルー川タリオーニアラベスクセゼールドリシーモアンダキングバレエバンギシェネ