コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポチテカ pochteca

1件 の用語解説(ポチテカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ポチテカ【pochteca】

メキシコ中央高原において15世紀後半以降,アステカ勢力が拡大するとともに台頭した特権的な遠隔地交易商人の集団。彼らの活動は,地方市場における自己生産品の交換と異なり,支配階層の消費する奢侈(しやし)品やその原材料である羽毛類,宝石貴金属材を取得するために,タバスコからユカタン半島方面,チアパスからグアテマラ方面まで隊商を組織して交易することであった。ポチテカは交易品としては,黒曜石ナイフ,針など日用品のほか,アステカ領主から下賜されたり,トラテロルコの大市場で調達した木綿布,装身具のほか奴隷などを持参した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポチテカの言及

【運搬】より

…アンデスではラマが30kgほどの荷物を運べたので,そのキャラバンはもっとも重要な運搬システムになっていた。メソアメリカではそれすらなく,結局は人間のキャラバンに頼らざるをえず,アステカ王国ではポチテカという,遠距離交易を専業とする集団が王権の特別の保護のもとに活躍した。ラマの有無にかかわらず,新大陸文明の壮大な石造建築は人力によってのみ可能であった。…

※「ポチテカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone