コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルセナ ポルセナPorsena(Porsenna)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルセナ
Porsena(Porsenna)

前6世紀のエトルリアの王。ポルセンナとも呼ばれるローマから追われたエトルリア系のタルクイニウス・スペルブスの求めに応じてローマを攻囲したが,ローマ人の英雄的戦いを称賛して和を結んだという伝説がある。一方で彼がカピトリヌス丘を占領してローマを支配し,市民を圧迫したという伝説もある。後者がおそらく真実で,エトルリア人のローマ支配が史実であったことを示すものと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone