コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルセナ Porsena(Porsenna)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルセナ
Porsena(Porsenna)

前6世紀のエトルリアの王。ポルセンナとも呼ばれる。ローマから追われたエトルリア系のタルクイニウス・スペルブスの求めに応じてローマを攻囲したが,ローマ人の英雄的戦いを称賛して和を結んだという伝説がある。一方で彼がカピトリヌス丘を占領してローマを支配し,市民を圧迫したという伝説もある。後者がおそらく真実で,エトルリア人のローマ支配が史実であったことを示すものと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android