コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポントゥック Phongtǔk

世界大百科事典 第2版の解説

ポントゥック【Phongtǔk】

タイ中西部,カーンチャナブリーの町からメークローン川を約40km下った地点にある村。古代遺跡で知られる。1927年に寺院の基壇の跡が発見され,そこから青銅製のランプ,小型の青銅製の仏像,奉納板,基壇部等の側壁を飾った漆喰製の浮彫の断片などが出土した。青銅製のランプはグレコ・ローマン様式で,おそらく1,2世紀ころにエジプトのアレクサンドリアで鋳造され,タイに運ばれたものと推定されている。青銅仏は南インドのアマラーバティー様式に基づいて造られていた点から,発見当時は2世紀のものと考えられたが,最近の研究では青銅仏をはじめとし,遺跡は全体にドバーラバティ王国(7世紀ころ~11世紀)のものであろうとされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android