コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンペイの遺跡 ポンペイのいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ポンペイのいせき【ポンペイの遺跡】

イタリア南部の都市ナポリ近くの町ポンペイ郊外、ベズビオ山の南麓にある古代の都市遺跡。現在のポンペイと古代都市ポンペイとは少し離れた場所にある。古代のポンペイはローマの植民市で、西暦79年のベズビオ山の大噴火と津波により壊滅し、火山灰に埋まった。この場所に古代都市があったことは文献などで知られてきたが、遺跡は消滅したと考えられてきた。しかし、遺跡の一部が1748年に発見され、18世紀に本格的な発掘が始まり、その主要部分が有料で一般公開されている。当時の姿を残したままの公共広場や浴場、パン屋や居酒屋、娼館などの町の建物や、焼いたままのパンや、テーブルに並べられたままの食事と食器、コインなども残り、当時の姿を伝えている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ポンペイの遺跡の関連キーワードポンペイ、エルコラーノ及びトッレトレアンヌンツィアータナポリ国立考古学博物館ベスビオ[山]カンパニア州室内装飾洗濯看板燭台

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android