コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンペイの遺跡 ポンペイのいせき

1件 の用語解説(ポンペイの遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ポンペイのいせき【ポンペイの遺跡】

イタリア南部の都市ナポリ近くの町ポンペイ郊外、ベズビオ山の南麓にある古代の都市遺跡。現在のポンペイと古代都市ポンペイとは少し離れた場所にある。古代のポンペイはローマの植民市で、西暦79年のベズビオ山の大噴火と津波により壊滅し、火山灰に埋まった。この場所に古代都市があったことは文献などで知られてきたが、遺跡は消滅したと考えられてきた。しかし、遺跡の一部が1748年に発見され、18世紀に本格的な発掘が始まり、その主要部分が有料で一般公開されている。当時の姿を残したままの公共広場や浴場、パン屋や居酒屋、娼館などの町の建物や、焼いたままのパンや、テーブルに並べられたままの食事と食器、コインなども残り、当時の姿を伝えている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポンペイの遺跡の関連キーワードナポリヘルクラネウムサンタルチアスパッカナポリナポリ王宮ナポリ大聖堂プレビシート広場ボーメロ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポンペイの遺跡の関連情報