コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンメルン

デジタル大辞泉プラスの解説

ポンメルン

Pommern》ドイツ海軍の戦艦。ドイッチュラント級。1905年進水、1907年就役の前弩級戦艦。1916年、ユトランド沖海戦に参加、イギリス艦の雷撃により沈没。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンメルン

ポモージェ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポンメルン
ぽんめるん
Pommern

北東ヨーロッパ、バルト海沿岸部の歴史的地域ポメラニアのドイツ語名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のポンメルンの言及

【プロイセン】より

…プロイセンという呼称は,最も広い意味では,1871年以来ドイツ帝国の中核を形成したプロイセン王国を指す。しかし,行政区域としては,この王国の北東部,すなわちポンメルン州とブランデンブルク州の東方,ワイクセルWeichsel川(ビスワ川)を越えてメーメルMemel川(ネマン川)に至る,バルト海沿いの地域について用いられる。後者の意味でのプロイセンは,さらに,ワイクセル川を境に東プロイセン(オストプロイセンOstpreussen)と西プロイセンとに大別されるが,歴史的には東プロイセンが最も古く,中世初期この地域に定住していたバルト語系のプルッセン人(プロイセン人)Prussenからプロイセンという地名が生まれた。…

【ポモジェ】より

…ポーランド北西部,バルト海沿岸地方の名称。ポモジェはポーランド語で〈沿岸部〉を意味し,英語でポメラニアPomerania,ドイツ語でポンメルンPommernという。ポモジェ地方はポーランドとプロイセンの勢力が複雑にかかわりあった歴史をもつが,1945年のポツダム会談でその大部分がポーランド領となった。…

※「ポンメルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ポンメルンの関連キーワードシュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区メクレンブルクフォアポンメルン州エーリック[ポンメルン]アンドレアス ディトマーペーター クレッチマータッデン=トリーグラフフランツ メーリングウェストファリア条約ノイブランデンブルクフランカ ディーチュヨハネス ヴィッテシュトラールズントポメラニアン[種]ブーゲンハーゲンシュトラルズントリューゲン[島]ロートベルトゥスグライフスワルトシュウェリーンハイリゲンダム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android