コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーランド兄弟団 ポーランドきょうだいだんBracia polscy

世界大百科事典 第2版の解説

ポーランドきょうだいだん【ポーランド兄弟団 Bracia polscy】

宗教改革の結果ポーランドに生まれた改革派の一つ。過激な一派として知られ,アリウス派と呼ばれた。元来カルバン派の系統であるが,1562‐65年の教会会議でカルバン派から分かれた。教義の上からは,反三位一体論(アリウス派の蔑称はこれに由来する),再洗礼を主張した。社会的には,財産の私有,社会階級の区別,国家権力,戦争に反対し,過激な主張のためにカトリック教会はもとより,他の改革派からも敵視され,改革派の統一をはかった〈サンドミエシュの合意〉(1570)から排除された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポーランド兄弟団の言及

【ソッツィーニ】より

…ファウストはメディチ家に仕えている間はカトリックを奉じていたが,バーゼルで神学研究をして三位一体論に反対の立場を明確にし,1578年トランシルバニアに移り,79年ポーランドのクラカウ(現,クラクフ)に行って終生そこにとどまった。その指導下の一団はポーランド兄弟団と呼ばれる。その主張は三位一体をしりぞけ,したがってイエス・キリストの父のみを神とするだけでなく,教会と国家の結合を否定し,国家は神の制定によらず,したがって国家の起こす戦争を正しいと認めることはできないとした。…

※「ポーランド兄弟団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポーランド兄弟団の関連キーワード宗教改革

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android