私有(読み)しゆう

精選版 日本国語大辞典「私有」の解説

し‐ゆう ‥イウ【私有】

〘名〙 (公有、国有などに対して) 個人や私的団体が所有すること。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「私有の通義とは各人私に有する所の物を其人の自由に従て之を用ひ自由に之を処し自由に之を楽み」 〔品覧‐孝行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「私有」の解説

し‐ゆう〔‐イウ〕【私有】

[名](スル)公共のものでなく、私人が所有していること。個人の所有。「山林を私有する」「私有物」⇔公有

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android