コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーランド記法 ぽーらんどきほう

大辞林 第三版の解説

ポーランドきほう【ポーランド記法】

演算子を前に書き、被演算子(値や変数)を後に書く演算記法。例えば(1+2)×3 は×+1 2 3 と記述する。前置記法。 PN 。 〔ポーランドの論理学者ヤン=ウカシェーヴィッチ(Jan Lukasiewicz)が考案〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーランド記法
ポーランドきほう
Polish notation

数値演算や論理演算で,演算子α (+,-,×,÷など) と2つの値 XYが与えられたとき,通常は XαYと表記するところをαXYXYαのような表記にする場合,これらをポーランド記法,逆ポーランド記法という。通常の式などでは演算順序の規定は演算子の優先度とパーレン ( ) 表現で行うが,これを (逆) ポーランド記法にすると,( ) を使用する必要がなく,かつ演算子は演算すべき順序に並ぶという便利な形になる。コンパイラで数式などを分解してコンパイルするときにこの考え方が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポーランド記法の関連キーワード後置記法RPNPN

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android