ポーランド近代美術(読み)ポーランドきんだいびじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーランド近代美術
ポーランドきんだいびじゅつ

ポーランドの近代美術は 19世紀後半,西ヨーロッパの象徴主義やアール・ヌーボーの影響を受けた画家たちの「若きポーランド」の動向に始る。 1918年に独立を達成すると,美術家たちはそれまでの愛国主義から自由になり,キュビスムや表現主義などの影響を受入れながら,新しい形式の展開を始めた。その先駆者として位置づけられるのが S.I.ウィトキェーウィチである。同じ表現主義の流れをくむ画家として B.シュルツがあげられる。 1920年代に入ると,抽象美術の運動が活発化し,「ブロク」,「プレザンス」,「a.r.」などのグループが相次いで誕生した。これらのグループの中心になったのが W.スチュシェミンスキで,ほかにコブロ,H.スタジェウスキらが知られる。第2次世界大戦後は他の社会主義国にさきがけて 60年代から非リアリズムの動向を展開した。これは戦前と同様,表現主義的動向と抽象的動向に大別され,前者では T.カントール,T.ブゾゾウスキ,後者では Z.ガストムスキ,R.オパウカらがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android