コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーラーカーブ polar curve

1件 の用語解説(ポーラーカーブの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

ポーラーカーブ

性能曲線。縦軸に沈下速度、横軸に水平速度をとり、パラグライダーの飛行特性を表したグラフのこと。右図はあるパラグライダーのポーラーカーブであるが、次の値が判る。   a:失速速度   b:最小沈下速度   c:最良滑空速度(無風時)例えば、向い風5.0m/sの中を飛行する際の最良滑空速度は、座標5.0からカーブの一番左に接するところになるが、それはCよりD方向にずれる。つまりアクセルを踏むなどして少し速度を上げたところが最良滑空速度となることが判る。また、追風、下降帯、上昇帯、などの場合も同様に作図することで理解できる。また、一つの機体で異なる重量で飛行しても、ポーラーカーブの形状そのものは変わらない。しかし、重たくなるにしたがい、そのカーブは0からC点の接線上を右下にシフトされていく。これは搭載重量の変化でも最良滑空速度に変化がない事の表れである。自分の機体のポーラーカーブデータを入手することは困難であるが、このポーラーカーブ特性を理解しておけば、具体的数値が判らなくても実際の飛行に充分応用可能である。
ho-124.jpg

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーラーカーブの関連キーワード走時曲線ヒプソグラフ曲線成長曲線性能曲線度数曲線粒径分布曲線イーディー‐ホフステープロットバーチダイアグラム沈下速度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone