追風(読み)おいかぜ

精選版 日本国語大辞典「追風」の解説

おい‐かぜ おひ‥【追風】

〘名〙
① うしろから吹いてくる風。⇔向かい風
※後撰(951‐953頃)恋三・七七八「今はとて行かへりぬるこゑならばおひ風にてもきこえましやは〈兼覧王〉」
② 船の進む方向に吹く風。おいて。順風。⇔向かい風
※書紀(720)神功摂政前(北野本訓)「則ち、大きなる風、順(オヒカセ)に吹き、帆(ほつむ)波の随(まにま)に、(かいかぢ)を労(ねぎら)はず」
③ 物の香りを吹き送ってくる風。
※伊勢集(11C後)「おひかぜのわがやどにだに吹き来ずはゐながら空の花を見ましや」
④ 特に、着物にたきしめた香や、たいている香の薫りなどをただよわせてくる風。→追い風用意
※源氏(1001‐14頃)若紫「君の御をひかせ、いと殊(こと)なれば」
⑤ すぐれた馬。逸馬(いつば)。〔元和本下学集(1617)〕

おい‐て おひ‥【追風】

〘名〙 船や人などが進もうとする方向へ吹く風。順風。おいかぜ。
※親宗集(1182頃)「まつらぶねおいての風も心せよすぎぬる浦に郭公(ほととぎす)なく」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「順風(オイテ)にまかせて兵庫 摂州 なる神戸に着て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「追風」の解説

おい‐かぜ〔おひ‐〕【追(い)風】

後ろから吹いてくる風。進む方向に吹く風。おいて。順風。⇔向かい風
有利な状況。後押しとなる出来事。「参院選の与党に景気回復が追い風となる」⇔逆風
着物にたきしめた香(こう)のかおりなどを運び漂わせる風。
「君の御―いと異なれば」〈・若紫〉

おい‐て〔おひ‐〕【追風】

後ろから吹いてくる風。進む方向に吹く風。順風。おいかぜ。「追風に帆を上げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android