マイクロ資料(読み)まいくろしりょう(英語表記)microform

翻訳|microform

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

マイクロ資料

本や雑誌のページ,地図や設計図などの平面資料を写真技術により縮小した資料で,内容を肉眼で読み取ることはできない.マイクロ形態資料ともいう.形態的には,マイクロフィルム,マイクロフィッシュ,マイクロオペークがある.情報を取り出すためには,マイクロ資料リーダーと呼ばれる画像拡大装置が必要となる.マイクロ資料は,スペースの節約に加え優れたコスト効果と利用効果においても評価され,保存メディアとしても評価が定着し,情報の生産,流通,保存に重要な位置を占めてきた.しかし,コンピュータの画像処理技術と蓄積メディアの発展に伴って,検索にも優れた画像データベースシステムへと移行した.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android