コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイコス MICOS

大辞林 第三版の解説

マイコス【MICOS】

〖Meteorological Information Comprehensive Online System〗
日本気象協会の気象情報提供システム。気象庁のアメダスなどから得られる気象情報を整理して提供する。1977 年(昭和 52)運用開始。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイコス
まいこす
MICOS

財団法人日本気象協会のオンライン気象情報システム。Meteorological Information Comprehensive Online Serviceの略。気象庁からの各種の気象観測値や予報、情報などをリアルタイムで処理・加工し、他の情報源からのものとあわせて各種情報を作成、新聞社や放送局、自治体、レジャー関係、運輸関係、建設関係などの契約者に提供する。マイコスは、1977年(昭和52)に誕生し、5年程度でシステム更新を行いながら、顧客の要望や通信環境に合わせた多様な気象情報を提供している。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マイコスの関連キーワード世界のおもな局地風アリアクモン川アクシオス川オリンボス山テッサロニキマイコスランコリント地峡コリント運河ナイスタチンサロニカ湾セサロニキコリント湾ピニオス川マケドニア石井 好子バルダル川カテリニ白い塔オサ山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android