コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイスター・フランケ Meister Francke

1件 の用語解説(マイスター・フランケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マイスター・フランケ【Meister Francke】

1380ころ‐1430ころ
ドイツの後期ゴシックの画家。ハンブルクドミニコ会修道院に所属した画僧で,15世紀前半の国際ゴシック様式あるいは〈ソフトスタイルWeicher Stil〉の代表者の一人。フランドルないしフランスの写本芸術の影響を受けたその作品には,金地をバックとして優美な曲線が多用され,装飾的な美しさを見せるが,同時に時代の特徴でもあった神秘主義的な宗教感情がただよっている。いくつかの祭壇画のほか,《苦悩の人キリスト》のような小型のタブローが若干残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマイスター・フランケの言及

【国際ゴシック様式】より

…ランブール兄弟がベリー公のために制作した《いとも豪華な時禱書》の月暦挿絵には,王侯から農民にいたる日常生活の克明な観察がベリー公所領の城館を背景に典雅な様式化により表現されており,国際ゴシック様式の代表作とされる。そのほか,各地の代表的作家をあげると,ドイツ領邦ではボヘミアの〈トシュボーニュTřeboň祭壇画〉の画家(生没年不詳),ケルンの〈聖ベロニカ〉の画家〉Meister der hl.Veronika(生没年不詳),ドルトムントのコンラート・フォン・ゾーストKonrad von Soest(1370ころ‐1425ころ),ハンブルクのマイスター・フランケなどがあげられる。なおボヘミアを中心にこの時期に制作された板絵や小型彫刻の甘美な聖母子像にみられる流麗な造形を〈柔軟様式Weicher Stil〉と呼ぶことも多い。…

【ゴシック美術】より

…ドイツの板絵は各地方に多様な発達をし,プラハ,ウィーンはイタリアの影響をうけ,国際ゴシック様式の系統をとり,ケルン派は14世紀に甘美な画風をもってあらわれ,15世紀にロホナーのような大画家を生む。ハンザ同盟諸市は民衆的な率直な画風をむかえ,14世紀から15世紀初めにハンブルクでマイスター・ベルトラムMeister Bertram von Minden(1340ころ‐1415ころ)が名高く,同じころコンラート・フォン・ゾーストKonrad von Soest(1370ころ‐1425ころ)はケルン派の様式をまじえ,マイスター・フランケは国際ゴシック様式に近づいている。フランスやネーデルラントでは15世紀初め,マルーエル,ブルーデルラムや,《ベリー公のいとも豪華な時禱書》の装飾をしたランブール兄弟らが国際ゴシック様式の最後をかざり,やがてファン・アイクは写実主義を徹底させ,油彩技法によって個人的視覚を確立して,新しい近代絵画の第一歩を踏み出す(ヘントのシント・バーフ教会の《神秘の小羊》大祭壇画,1432)。…

※「マイスター・フランケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マイスター・フランケの関連キーワードビータウタスシャルルシャルルクリコボの戦いノルウェー文学宙に浮いた年金記録新生銀行青函トンネル伽倻山クルク島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone