コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マインツ大司教領 マインツだいしきょうりょうErzbistum Mainz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マインツ大司教領
マインツだいしきょうりょう
Erzbistum Mainz

ライン川の中流域,マイン川との合流点の左岸に形成されたドイツの教会諸侯領。その政治中心地マインツは,ローマ皇帝ドルススが建設した要塞都市モゴンチアクム (マグンチアクム) に由来し,宣教師ボニファチウス (ウィンフリード ) が8世紀末にここに大司教座をおいて以来,中世ドイツにおけるカトリック教会の中心地となった。歴代の大司教は帝国書記局長として政治的にも重きをなし,1356年の金印勅書では筆頭の選帝侯国 Kurfürstentumとされ,皇帝マクシミリアン1世時代に出た大司教ベルトルト・フォン・ヘンネベルク帝国改造運動で指導者の役割を演じた。この間,ヘッセンアシャッフェンブルクチューリンゲンエルフルトなども領土に加えたが,1803年ナポレオン1世による領域再編の際,世俗化されて解体し,最後の選帝侯 K.ダールベルクはアシャッフェンブルクのみを保持,ウィーン会議の結果,マインツ市はヘッセン=ダルムシュタットに与えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone