コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マオウカニノテ(麻黄蟹の手) マオウカニノテAmphirosa ephedraea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マオウカニノテ(麻黄蟹の手)
マオウカニノテ
Amphirosa ephedraea

紅藻類カクレイト目サンゴモ科の石灰藻。潮間帯下部の岩上およびタイドプールに群生する。藻体は比較的細く,下部は円柱状,上部は扁円または扁圧形で複叉状に分枝する。有節サンゴモ類で,膝節がよく発達している。本州太平洋岸中南部,瀬戸内海から台湾,オーストラリア,アフリカに分布する。同属のものにカニノテ,ヘリトリカニノテなど多数がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android