コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキバサシガメ(牧場刺亀虫) マキバサシガメ damsel bug

1件 の用語解説(マキバサシガメ(牧場刺亀虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マキバサシガメ【マキバサシガメ(牧場刺亀虫) damsel bug】

半翅目マキバサシガメNabidaeの昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。本科はサシガメ科によく似るが,口吻(こうふん)は4節で長く,発音溝がふつうなく,前脚の基部が後方に開き,前翅の爪状(そうじよう)部が長くその合せ目は小楯板(しようじゆんばん)より長く,軟弱な感がするなどの点で区別される。世界に約300種。日本に22種以上いる。地上,草上,樹上などに生活し,すべて食虫性。害虫の天敵となる種類が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マキバサシガメ(牧場刺亀虫)の関連キーワード牧場異翅類同翅類木鋏石亀椿象刺椿象田鼈まきばの館馬刺し

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone