コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サシガメ サシガメReduviidae; assassin bug

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サシガメ
Reduviidae; assassin bug

半翅目異翅亜目サシガメ科に属する昆虫の総称。小型ないし大型のカメムシで,体は強固。頭部は小さくて自由に動かすことができ,複眼は球形で突出する。単眼は2個。触角は糸状で,普通4~5節から成る。口吻は3節で,湾曲し,先端はとがり,前胸腹面中央前肢基節間の溝に位置する。この溝の表面はやすり状で,口吻と摩擦して特有の音を出す。前胸背は中央横溝で2分され,後葉は拡大する。一般に前翅は半翅鞘が発達しているが,無翅または短翅の種もあり,また多型的な種もある。腹部は結合板が発達して幅広い種が少くない。肢は細長く,跗節は1~3節で,爪はあるが褥板 (じょくばん) を欠く。食虫性または吸血性で他の昆虫類などを捕食するが,ヒトから吸血する種もあり,熱帯には病原体を伝播する種も知られている。世界に約 4000種が分布する。 (→異翅類 , 半翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サシガメ

半翅(はんし)目サシガメ科の昆虫の総称。全世界に約6500種あり,捕らえられると鋭い吻(ふん)で刺し,激痛を与えるのでこの名があるが,毒はない。幾分扁平で,日本産の種類は体長5〜20mmのものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サシガメ
さしがめ / 刺椿象・刺亀虫
assassin bugs

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目サシガメ科Reduviidaeに属する昆虫の総称。体形は糸状のものから扁平(へんぺい)なものまでいろいろで、腹部結合板が幅広く、腹部が葉状に広がるもの、体全体に棘(きょく)状突起のあるもの、太くて筒状のもの、触角、脚(あし)、腹部に長毛を有すものなどがある。頭部は円筒状で、しばしば長くなり、複眼は球形で突出し、単眼は頭頂部後方に通常2個あるが、ときに欠くことがある。口吻(こうふん)は太く短く、普通3節からなる。触角は4節で細長く、第3、第4節が数小節に分かれるもの(アカシマサシガメ亜科)もある。前翅は全体的に膜質であることが多く、2個の大きな翅室がある。脚の(ふせつ)は1~3節。普通、前胸部腹板中央にある細かな横溝に口吻先端を前後にこすって発音する。
 サシガメ科は約30亜科に分類され、世界で3000種以上が知られており、熱帯地方にとくに多くの種が分布する。日本からは8亜科に約50種が記録されている。地上および植物体上で生活し、ほかの昆虫などを捕食する。このような食性から、害虫の天敵として知られる種が多い。しかし、なかには吸血性の種があり、ヒトの血液を吸い、トリパノソーマなどの病原体を媒介するものも知られる。
 日本産サシガメ類の生活もいろいろで、草上などで鱗翅(りんし)類の幼虫や、ハムシ幼虫、成虫などを捕食するもの(ビロードサシガメ、シマサシガメ、アカサシガメなど)、地上でアリやほかの小昆虫などを捕食するもの(ハリサシガメ、クロサシガメ、キイロサシガメなど)、マツ樹皮下で誘引物質を分泌することによりアリを捕食するもの(フサヒゲサシガメ)などが知られている。オオトビサシガメやキイロサシガメなどを不用意にとらえようとすると、口吻で指などを刺されることがあり、非常に痛い。越冬態は成虫のことが多いが、ヨコヅナサシガメやヤニサシガメは幼虫態で集団越冬することが知られている。近縁の群にマキバサシガメ科Nabidaeがあるが、口吻が4節からなる点で容易に区別できる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サシガメの関連情報