コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マギンダナオ族 マギンダナオぞくMagindanao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マギンダナオ族
マギンダナオぞく
Magindanao

フィリピン南部,ミンダナオ島コタバト地方に居住するマレー系の一民族。人口約 70万と推定される。マギンダナオ・モロまたはマギンダナオ・ムスリムとして知られ,フィリピン最大のイスラム教徒集団を形成している。言語的にはオーストロネシア語族に属する。マギンダナオとは氾濫平原の人々の意味で,リオグランデ谷が雨季には海岸から十数 km内陸まで洪水に襲われることに由来する。生業は水稲の栽培であるが,内陸部では焼畑農耕,沿岸部では漁労に従事,後者は以前は海賊として知られ,また青銅器や銀器の加工にすぐれている。社会階層制をもち,スルタン,ダトゥなどの指導者層に統治されていたが,近年はモロ民族解放戦線 MNLFを組織し独立運動を展開する人々が台頭している。 (→モロ族 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マギンダナオ族の関連キーワードクダラットコタバト

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android