マギンダナオ族(読み)マギンダナオぞく(英語表記)Magindanao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マギンダナオ族
マギンダナオぞく
Magindanao

フィリピン南部,ミンダナオ島コタバト地方に居住するマレー系の一民族。人口約 70万と推定される。マギンダナオ・モロまたはマギンダナオ・ムスリムとして知られ,フィリピン最大のイスラム教徒集団を形成している。言語的にはオーストロネシア語族に属する。マギンダナオとは氾濫平原の人々の意味で,リオグランデ谷が雨季には海岸から十数 km内陸まで洪水に襲われることに由来する。生業は水稲の栽培であるが,内陸部では焼畑農耕,沿岸部では漁労に従事,後者は以前は海賊として知られ,また青銅器や銀器の加工にすぐれている。社会階層制をもち,スルタン,ダトゥなどの指導者層に統治されていたが,近年はモロ民族解放戦線 MNLFを組織し独立運動を展開する人々が台頭している。 (→モロ族 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android