コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクスウェル‐ヘルツの電磁方程式 Maxwell-Hertz electromagnetic equations

法則の辞典の解説

マクスウェル‐ヘルツの電磁方程式【Maxwell-Hertz electromagnetic equations】

電磁場の古典論の基礎となる方程式である.有理化MKS単位系(SI単位系)を使うなら次のようになる.

ここで H は磁場強度,D は電磁誘導,J は電流密度,E は電場強度,B は磁気誘導,ρ は電荷密度,t は時間である.

これをもとに横波電磁波の存在が導かれた.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

マクスウェル‐ヘルツの電磁方程式の関連キーワードマクスウェルの方程式(電磁気学)マクスウェルの関係式(電磁気学)マクスウェルの電磁場方程式マクスウェルの電界方程式マクスウェルの方程式マクスウェルの光理論電磁誘導電荷密度電流密度磁気誘導電磁場

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android