コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロ景気 マクロけいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクロ景気
マクロけいき

国・産業・世界全体など巨視的な観点で見た景気をマクロ景気という。一方,個別の産業・企業単位の微視的な観点で見た景気をミクロ景気という。本来景気は経済活動全体の上昇・下降を対象とするものなのでマクロ的であるが,同時に,景気が良い,悪いには企業家の心理的側面が影響するので,企業すなわちミクロの状況も関係している。たとえばマクロ好況,ミクロ不況のように,経済活動全体は上昇していても,企業収益が伴わない状態も生じる。その一例は第1次石油危機後の 1970年代後半である。景気全般を論じるにはマクロ,ミクロ両方を視野に入れる必要があるが,マクロ景気とミクロ景気を分けて論じる場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクロ景気の関連情報