マグヌス3世(読み)マグヌスさんせい(英語表記)Magnus III, Blinda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マグヌス3世」の解説

マグヌス3世
マグヌスさんせい
Magnus III, Blinda

[生]1115頃
[]1139
ノルウェー王 (在位 1130~35) 。4世とも数えられる。「盲目王」とも呼ばれる。シーグル1世 (エルサレム巡礼者王) の子。ともに王位を称したハーラル4世との争いれ,目をえぐられ,片足を切り取られ,去勢されてニダロスの修道院に入った。 1136年にハーラル4世を殺害したシーグル・スレムビイがマグヌス3世を王位につけようとしたが,ハーラル4世の子シーグル2世およびインイェ王に敗れた。 1139年マグヌスは再度シーグル2世,インイェ王を攻めたが,敗死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android