コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグネトグラフ magnetgraph

世界大百科事典 第2版の解説

マグネトグラフ【magnetgraph】

一般には磁場測定装置のことであるが,とくにスペクトル線のゼーマン効果で生ずる偏光量を測定して太陽磁場を求める装置solar magnetgraphをこう呼んでいる。偏光計と分光器,あるいは偏光フィルター(リヨ・フィルター)の組合せで,黒点磁場の発見以来開発が試みられてきたが,電子技術の進歩にともない,1953年ウィルソン山天文台でバブコックH.W.Babcock(1912‐ )によって太陽磁場測定に初めて実用化された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マグネトグラフの関連キーワードバブコック(Horace Welcome Babcock)H.W. バブコック磁気探傷法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android