コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグネンティウス Flavius Magnus Magnentius

世界大百科事典 第2版の解説

マグネンティウス【Flavius Magnus Magnentius】

?‐353
ローマの簒奪帝。在位350‐353年。蕃族の出身でローマ軍に入隊して頭角を現して将軍となったが,350年,アウグストドゥヌム(現,オータン)で反乱を起こし,コンスタンス帝を殺させ,皇帝を僭称し,ガリアを中心とする帝国西部を支配した。しかし財政政策の失敗,異教徒優遇策などによりコンスタンティウス2世と対立し,351年ムルサの戦に敗れ,2年後,ガリアで自殺した。【秀村 欣二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マグネンティウスの関連キーワードコンスタンティウス(2世)ユスティナ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android