コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マコンブ(真昆布) マコンブLaminaria japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マコンブ(真昆布)
マコンブ
Laminaria japonica

褐藻類コンブ目コンブ科の海藻。食用昆布のうち最もすぐれた種類で,北海道,函館付近に分布する。漸深帯に大群落をつくる。藻体は革質,長いササの葉状で幅 30cm,厚さ 3mm,長さ2~6mに達する。葉の両縁はやや波打ち,下部は短い茎状になり,縦に並んだ仮根で岩上に固着する。この種にはドテメといって薄質となり三陸地方に産する品種や,リシリコンブといって色が黒く質が硬い利尻島付近に産する変種などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マコンブ(真昆布)の関連キーワードバイオマス