コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三陸地方 さんりくちほう

2件 の用語解説(三陸地方の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三陸地方
さんりくちほう

宮城県岩手県青森県の 3県にまたがる三陸海岸と,その内陸部の北上高地を含めた地域。三陸とは陸前国陸中国陸奥国の 3国の総称。この地方の漁村が開けたのは,江戸時代コンブ干しあわびなどの海産物長崎俵物として大陸に輸出してからのことであるが,北上高地は交通も不便で,開発が遅れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕三陸地方(さんりくちほう)


東北地方太平洋岸の名称。戊辰(ぼしん)戦争終結後の1869年1月19日(旧暦で明治元年12月7日)、東北諸藩処分にともない陸奥(むつ)を5分割した近代分国制が施行された。この分国による新しい陸奥(青森県)・陸中(りくちゅう)(ほぼ岩手県に相当)・陸前(りくぜん)(ほぼ宮城県に相当)の3ヵ国の総称。主として青森県八戸(はちのへ)市から宮城県牡鹿(おしか)半島にかけての三陸海岸を呼ぶ称として使われる。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三陸地方の関連情報