コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マゴンドウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マゴンドウ
まごんどう / 真巨頭
short-finned pilot whale
[学]Globicephala macrorhynchus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科のハクジラ。本来は和歌山県地方のゴンドウクジラに与えられた名称で、コビレゴンドウの一系統である。別系統のタッパナガに比べて体が小さく、背びれの後方と目の上の白斑(はくはん)が目だたない。三陸以南の暖流中で、20~50頭の母系集団で生活し、主としてイカを餌(えさ)とする。伊豆、九州、沖縄方面では年間数百頭が追い込み漁法で捕獲される。かつて、この和名は寒冷水域産の別種グロビセファラ・メレーナG. melaenaに誤用されたことがある。[粕谷俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマゴンドウの言及

【ゴンドウクジラ(巨頭鯨)】より

…現生は2種。日本で昔からマゴンドウあるいはナイサゴトウ,シオゴトウ,タッパナガなどと呼ばれた種類はすべてコビレゴンドウG.macrorhynchus(英名short‐finned pilot whale)(イラスト)である。頭部が大きく太鼓のようなので,この名がある。…

※「マゴンドウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android