コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスタケ(鱒茸) マスタケLaetiporus sulphureus var. miniatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスタケ(鱒茸)
マスタケ
Laetiporus sulphureus var. miniatus

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。種々の広葉樹または針葉樹の生木または枯れ木,切り株などに生える。この菌糸に侵入された木はしばしば心材の褐色腐れ病を起す。キノコは大型で,扇形または半円形の傘の長径は 30~40cmに及び,厚さは1~2cmであるが何枚も重なって生じるので,その塊はきわめて大きくなり,重さ数 kgになるものも珍しくない。傘の表面は鮮かな朱紅色,肉の色はサケの肉の色によく似ている。胞子は楕円形で無色。若くて軟らかいうちは食用となる。日本の本州に産し,ジャワ,フィリピンに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報