コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスタケ(鱒茸) マスタケ Laetiporus sulphureus var. miniatus

1件 の用語解説(マスタケ(鱒茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスタケ(鱒茸)
マスタケ
Laetiporus sulphureus var. miniatus

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。種々の広葉樹または針葉樹の生木または枯れ木,切り株などに生える。この菌糸に侵入された木はしばしば心材の褐色腐れ病を起す。キノコは大型で,扇形または半円形の傘の長径は 30~40cmに及び,厚さは1~2cmであるが何枚も重なって生じるので,その塊はきわめて大きくなり,重さ数 kgになるものも珍しくない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マスタケ(鱒茸)の関連キーワードハリタケ(針茸)えぶりこ猿の腰掛猪苓茯苓針茸シメジホウキタケアンズタケ(杏茸)サルノコシカケ(猿腰掛)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone