マスター・スレーブマニピュレータ(英語表記)master-slave manipulator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスター・スレーブマニピュレータ
master-slave manipulator

操縦型ロボットマニピュレータにおいて,オペレータの操作するほうの機構を「マスター」,実際に作業を行なうほうを「スレーブ」と呼ぶ。マスター側の操作力がスレーブ側に伝えられ,反力がマスター側にフィードバックされてオペレータが力を感じるようになっている。マスターとスレーブマニピュレータの構造が同じ形式であれば制御系は簡単になるが,実際は操作しやすい形に変えられていることが多く,また,全く異なる構造でも座標変換を施して接続することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android